若い頃はセフレアプリが楽しくそして人生を決めることも

若い頃はセフレアプリが楽しくそして人生を決めることも

男30代ですが、昔はセフレアプリもあったかい気持ちを持てたな〜と思う今日この頃です。
18歳で予備校に通っていたときなんかはもう毎日セフレアプリをやることが楽しくってしょうがなかったです。
ちょうど写メールというのが流行りだして、この時期くらいからセフレアプリも活発になったのを覚えています。
私の場合は田舎だったのですが逆にセフレアプリをやってる人はちょっと進んでるというイメージで結構出会えました。
特に18歳の時の年上のお姉さんとの出会いは衝撃的だったです。
32歳の看護婦さんで清楚な雰囲気で優しい感じだったのを覚えています。
いままでその日にそういう行為をやろうというようなことはその当時あまりなかったのですがついつい大人の色気でやられてしまいました。
彼女は完全に自立していて、普通のアパートに暮らしていて出会った日から毎日のように一ヶ月間くらいそういう行為をしに行きました。
男っていうのは情けないもので急に彼女に会えなくなると本当に寂しくなるんです。
するとすぐにまたセフレアプリをやるようになりました。
田舎では本当見つからないことも多くって掲示板にずっと自分のIDを晒してとにかく連絡を待つという状況でした。
すると前回の看護婦の彼女から連絡が来て、「どうも妊娠しちゃったみたいどうしたい?」との連絡が。
ちょっと顔が青ざめて何も手につかない状況になったのを覚えています。
その後話し合いで解決を試みました彼女はどうしても産みたいとのことだったので私が大学に受からなかったら産んで結婚して3人で暮らそう。
大学に受かったらシングルマザーということになりました。
そして今では私の大事な奥さんになってます。

人生どこでどうやって結婚になるかもわからないですね。
セフレアプリで人生が決まることもあります。